スポーツ講習会 記録



令和年度 第31・32・33回スポーツ講習会 記録
日 時 第31回 令和2年2月24日(月・祝) 午前9時30分〜11時30分
第32回 令和2年2月24日(月・祝) 午後0時30分〜2時30分
第33回 令和2年3月1日(日) 午後0時30分〜2時30分
※新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、関係各位と協議の上、中止といたしました。

平成30年度 第28・29・30回スポーツ講習会 記録
日 時 第28回 平成31年3月10日(日) 午前9時30分〜11時30分
第29回 平成31年3月17日(日) 午前9時30分〜11時30分
第30回 平成31年3月23日(土) 午後0時30分〜2時30分
テーマ メリハリBody養成エクササイズ
講 師 日本体操研究所 平岡 亮一 氏
会 場 第28回 市民健康文化センター
第29回 津久井生涯学習センター
第30回 市体育館
(市役所前)
参加者数 第28回 26名
第29回 45名
第30回 21名
内 容 メリハリBody養成エクササイズの講習会を行い、効果的で安全な運動法を行い、健康的なBodyを目指すために様々な身体の動き等を学ぶことができました。
参加者は身体の動かし方、ペアになった人、平岡先生の人柄すべてに楽しさを感じていただき良い講習となりました。
  

平成29年度 第27回スポーツ講習会 記録
日 時 平成30年3月25日(日) 午後1時30分〜3時30分
テーマ 「福田恭巳さんに教わるスラックライン講習会」〜楽しみながら体幹とバランス感覚を鍛えよう!〜
講 師 プロスラックラインライダー 福田(ふくだ) 恭巳(ゆきみ) 氏
会 場 市体育館(市役所前)
参加者数 77名
内 容 平成29年度第3回目の「スポーツ講習会」はスラックラインを行いました。
当初は50名定員での募集でしたが、開始1週間で定員を超えてしまうほどの大盛況。急遽定員を大幅に増やすことになるなど、相模原市民の認知度の高さに驚かされました。
当日の講習会は、福田さんの人柄もあってか、経験者・未経験者関係なくみんな終始笑顔でスラックラインを楽しんでいました。また、相模原市民のスラックラインへの認知度の高さに驚かされた事業となりました。

平成29年度 第25・26回スポーツ講習会 記録
日 時 第25回 平成30年2月12日(月) 午前9時30分〜11時45分
第26回 平成30年2月24日(土) 午前9時30分〜11時45分
テーマ ストレッチ講習会〜ストレッチの種類と使い分け〜
講 師 指定NPO法人 Spitzen Performance
代表理事 多田(ただ) 久剛(ひさよし) 氏 他
全米アスレティックトレーナーズ協会公認 アスレティックトレーナー(NATA-ATC)
日本トレーニング指導者協会認定 上級トレーニング指導者(JATI-AATI)
ライプチヒ大学公認コオーディネーショントレーナー
国際救命救急協会認定 応急処置&CPR アドバンスインストラクター 他
会 場 相模原ギオンスタジアム(会議室1〜4)
参加者数 第25回 50名
第26回 25名
内 容 今回のスポーツ講習会はストレッチを行いました。
ストレッチにも様々な種類があり、ひとつひとつに目的や特徴があることを学びました。
健康的に、効率的に運動を行うためにも正しいストレッチを学ぶことが出来ました。
  

平成28年度 第21・22・23・24回スポーツ講習会 記録
日 時
第21・22回(小学生・中学生向け 平成29年2月25日(土) 午前9時30分〜11時30分
第23・24回(高校・指導者向け 平成29年3月4日(土) 午後1時30分〜3時30分
テーマ コオーディネーショントレーニングと傷害予防
講 師 指定NPO法人 Spitzen Performance
会 場 市体育館(市役所前)
参加者数 21・22 21名
23・24回 8名
内 容 [第21・22回] 主に3種目のコオーディネーショントレーニングを1名の指導者がやり方の説明をしながら行い、その種目のねらいについてもう1名の指導者が解説しながら行いました。最後の15分ほどで体幹トレーニング等における正しい姿勢の確認を行いました。
[第23・24回] はじめの1時間は座学でコオーディネーショントレーニングの理論について講義を行い、残りの時間で座学の内容に対しての具体的なプログラムを行いました。
  

  

平成27年度 第18・19・20回スポーツ講習会 記録
日 時
第18回(中学生競技者向け) 12月23日(水・祝) 午前9時30分〜11時30分
第19回(高校生以上競技者向け) 12月26日(土) 午前9時30分〜11時30分
第20回(小学生高学年競技者向け) 12月27日(日) 午前9時30分〜11時30分
テーマ 木場克己先生の体幹トレーニング講習会
講 師 [第18回・第20回] 木場(こば) 克己(かつみ)
・有限会社コバメディカルジャパン代表取締役
・KOBAスポーツエンターテイメント株式会社代表取締役

・株式会社アスリートウェーブ代表
・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
[第19回] 三壁 潤一郎 氏

・KOBAスポーツエンターテイメント株式会社 統括マネージャー
・鍼灸師
費 用 1,000円/回
会 場 市体育館(市役所前)
参加者数 第18回 76名
第19回 42名
第20回 69名
内 容 今年度も昨年に引き続き、「木場克己先生の体幹トレーニング講習会」を市体育館で行いました。
3日間の内小学生・中学生・高校生を対象とした講習会では子どもたちのキラキラした目と指導者・保護者の熱い眼差しが講師の先生へ向けられていました。
映像を観ながらの講習では、同年代の選手のトレーニングへの取り組み方やパフォーマンスについて感嘆の声が上がり、その後の体幹トレーニングに臨む参加者のモチベーションが高くなっていたと思います。
また、相模原に木場先生が来てくれることを期待しています!
  

平成26年度 第15・16・17回スポーツ講習会 記録
日 時
第15回(初級) 8月31日(日) 午前9時30分〜11時40分
第16回(初・中級) 9月21日(日)  午前9時30分〜11時35分
第17回(中級 11月16日(日) 午前9時30分〜11時40分
テーマ 木場克己先生の体幹トレーニング講習会
講 師 木場(こば) 克己(かつみ)
・有限会社コバメディカルジャパン代表取締役
・KOBAスポーツエンターテイメント株式会社代表取締役
・株式会社アスリートウェーブ代表
・日本体育協会公認アスレティックトレーナー
会 場 第15回 相模女子大学 体育館
第16回 相模原ギオンスタジアム 雨天走路
第17回 市体育館(市役所前)
費 用 1,000円/回
参加者数 第15回 57名
第16回 65名
第17回 47名
内 容 近年、注目を集めている体幹トレーニング。今年度も、数多くのトップアスリートのトレーナーとしてご活躍中の木場克己先生をお招きし、体幹トレーニングについての講習会を3回にわたって指導していただきました。
3回それぞれがレベル別で異なった内容となっており、映像やデモンストレーションによって実践的なトレーニング方法を紹介していただきました。普段テレビや書籍でしか学ぶことのできない先生から直接指導していただいた経験は、参加者の方にも貴重なものとなったのではないでしょうか。
しかし木場先生はこうもおっしゃっておりました。「講習会だけでなく、継続こそが大事です」と。ぜひ講習会後も体幹トレーニングを継続し、それぞれの目的・活動の場に活かしていただけたらと思います。
  

平成25年度 第12・13・14回スポーツ講習会 記録
日 時
第12回(初心者向け 12月15日(日) 午前9時30分〜11時50分
第13回(初・中級者向け 12月22日(日) 午前9時30分〜11時45分
第14回(中・上級者向け 平成26年2月2日(日) 午前9時30分〜11時30分
テーマ 木場克己先生の体幹トレーニング講習会
講 師 木場(こば) 克己(かつみ)(KOBAスポーツエンターテイメント株式会社代表取締役)
会 場 第12回 相模原市体育館 本館 体育室
第13回 サン・エール相模原 多目的室
第14回 
相模原麻溝公園競技場 会議室1〜4
費 用 1,000円/回
参加者数 第12回 94名
第13回 80名
第14回 
55名
内 容 テレビや著書でもおなじみの木場克己先生による体幹トレーニング講習会をレベル別に計3回行いました。各会場で定員を超える応募があり、参加者は木場先生から直接講習を受ける貴重な機会となりました。前半は木場先生がレベル別に編集したDVDを使用し説明、後半はアシスタントと一緒に実技講習を行いましたが、継続的にトレーニングを実施する大切さについても説いていました。
  

平成24年度 第11回スポーツ講習会 記録
日 時 平成25年2月23日(土)午前9時30分〜11時30分
テーマ クラブ運営等のリスクマネジメント講習
講 師 REGISTA有限責任事業組合 代表 谷塚哲氏
会 場 相模原麻溝公園競技場 会議室1・2
参加者数 16名
内 容 スポーツを行うにあたっては、常にリスクを伴い、「危険」が潜むため、本来参加者は「自己責任」が前提となりますが、「危険が潜むゆえに、いかに危険でないように運営するか」が運営団体に求められます。2時間の講習では短く感じるほどの内容の濃い、クラブ運営者向けの講習会となりました。
  

平成24年度 第9・10回スポーツ講習会 記録
日 時
第9回 9月29日(土) 午前9時30分〜11時45分
第10回 10月30日(火) 午前9時30分〜11時30分
テーマ 長野信一先生の健康体操教室
講 師 株式会社日本体操研究所 長野 信一氏
会 場 第9回 津久井生涯学習センター
第10回 市体育館
参加者数
第9回 39名
第10回 52名
内 容 長野先生のユーモアあふれる話術や分かりやすい説明により、笑顔で楽しく体操を実施することができました。
また、輪になってコミュニケーションをとりながら実施する体操や、二人一組で実施するボール運動、ラジオ体操、みんなの体操など様々な体操を取り入れて、内容の濃い健康体操教室となりました。
  

平成23年度 第6・7・8回スポーツ講習会 記録
日 時
第6回 9月17日(土) 午前9時15分〜午後0時15分
第7回 10月15日(土) 午前9時15分〜午後0時40分
第8回 11月5日(土) 午前9時15分〜午後0時30分
テーマ スポーツ現場における普通救命講習(AEDを含む)
講 師 (社)相模原市防災協会から派遣された相模原市消防局職員
会 場 第6回 サン・エールさがみはら 2階 第1研修室
第7回 総合体育館 1階 柔道場
第8回 産業会館  3階 研修室
参加者数 第6回 14名
第7回 12名
第8回 31名
内 容 今年度も緑区・中央区・南区で開催しました。
講習は、テキストの内容を基に実技講習を中心に行いました。倒れている人の応急措置を行うと同時に、周囲の人へ声掛け、119番通報・AED確保・操作の指示等を行いました。
また、参加者がリラックスした状態で参加できるよう講師の方が工夫していたため、質問も多くでるなど参加者の積極性が目立つ講習となりました。
  

平成22年度 第3・4・5回スポーツ講習会 記録
日 時
第3回 8月21日(土) 午前9時305分〜午後0時30分
第4回 9月25日(土) 午前9時30分〜午後0時30分
第5回 11月6日(土) 午前9時30分〜午後0時30分
テーマ スポーツ現場における普通救命講習(AEDを含む)
講 師 (社)相模原市防災協会から派遣された相模原市消防局職員
会 場 第3回 城山公民館 2階 大会議室
第4回 産業会館  地下1階 多目的室
第5回 総合体育館 1階 柔道場
参加者数 第3回 18名
第4回 26名
第5回 46名
内 容 今回は、相模原市が政令指定都市に移行したこともあり、緑区・中央区・南区でスポーツ講習会を開催しました。
参加者は、テキストの内容を基に実践に近い形式で実技講習を受講しました。
実技講習では、倒れている人の応急措置を行うと同時に、周囲の人へ声掛け、119番通報・AED確保・操作の指示等を行いました。周囲の人がAEDを初めて使用する状況などを想定し、様々なシチュエーションで参加者は受講しました。
参加者は、今後もスポーツ現場等での万が一の対応に備えて技術の習得に励むことでしょう。
また、最後に講師から修了証を受け取り無事に終了することができました。
  

平成21年度 第2回スポーツ講習会 記録
日 時 平成22年2月6日(土) 午前9時30分〜11時15分
テーマ スポーツ大会の運営に伴うリスクマネジメント
講 師 菅原 哲朗 弁護士(キーストーン法律事務所主宰)
会 場 けやき会館2階 研修室
参加者数 65名
内 容 講師の菅原弁護士は、プロジェクターや資料、そして体験談を織り交ぜながら法律的に難しい内容を分かりやすく解説してくださいました。
また、参加者は自らの体験から切実な質問をするなど真剣に取り組みました。
 (以下、一部分抜粋・要約)
〜スポーツ大会の運営に伴うリスクマネジメントとして、ヒューマン(人)、ハード(用具・施設)、ソフト(プログラム)の三つの視点、そして、「安全配慮義務」を考え、常にどのような「スポーツ環境条件」でなされているのか考察しなければならない。〜
  

平成21年度 第1回スポーツ講習会 記録
日 時 [午前の部] 平成22年1月10日(日) 午前10時〜11時30分
[午後の部] 平成22年1月10日(日) 午後1時〜3時
テーマ [午前の部] 小学生のための五武道初心者体験講習会
[午後の部] スポーツ・日常生活が楽になる身体の動かし方講習会
講 師 [午前の部] 相模原市武道団体連絡協議会講師
[午後の部] 甲野 善紀 氏(古武術研究家)
会 場 相模原市立総合体育館 大体育室
参加者数 [午前の部] 37名
[午後の部] 123名(観覧席含む)
内 容 [午前の部] 観覧講習(武道始め式30分、各種目同時演武30分)、体験講習(種目別体験30分)ともに参加者は真剣に楽しく講習を受けていました。剣道・柔道・弓道・空手道・少林寺拳法の武道を観覧・体験し理解を深めました。
[午後の部] 甲野氏の技と術理は、武道、スポ-ツに限らず楽器演奏、介護、教育、工学等、幅広い分野から注目されています。今回の講習ではその一端を紹介しましたが、参加者は驚きとともに、その習得に熱心な眼差しを傾けていました。
[午前の部]
  

[午後の部]
  



 (C) Sagamihara Sports Association All Right Reserved.